トップ > 各支部お知らせ

各支部お知らせ

東京支部

東京支部総会(平成29年6月11日・アルカデア市ヶ谷)

平成29年6月11日,すっかり夏の装いに変わった東京の「アルカデイア市ヶ谷」で『城東渭山同窓会東京支部総会』があり、佐々木校長と参加してまいりました。

東京支部長石原浩様の円滑な進行、参加者皆様の終始温かい、そして明るい雰囲気で行われた支部総会でした。

佐々木校長は母校城東の高校総体での活躍が載った徳島新聞の切り抜きを持参され、また29年大学入試合格状況を報告されました。まさに文武両道と力を兼ね備えている後輩の頼もしい姿に皆様すっかり感激されておりました。

第21回卒業生、舞台朗読家森優子様の(女人源氏物語から「藤壺の待女弁の君の語る」)朗読があり,その後緊張の面持ちの私から乾杯の挨拶、そして参加者皆様のお一人お一人の近況報告、自己紹介がありました。

改めて私共城東高校の先輩方、そして後輩の皆様方は素晴らしい方ばかりと感心したものです。又、懐かしい同級生との再会はとても感慨深いものでした。

このような古い話をしたら笑われるかもしれませんが、歌の題名で“東京砂漠”というものがあります。都会は人が多いけれど、人間関係が打算的というか互いに無関心という比喩に使われていたと察しますが、支部会にお集まりの方々には、そんな感じは微塵ともなく、皆様お互いを大切にされ、とても暖かい御関係を築かれておりました。お若い方も多く48名のご参加でした。

本部も支部の皆様と世代を超えた組織的な繋がりを大切にしたいと思いますし、来年、多くの同窓会の方との出会いを楽しみにしております。

最後に東京支部の益々のご発展、会員皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

城東高校渭山同窓会会長 岡田博子




近畿支部

近畿支部総会(平成29年11月12日・ホテルグランヴィア)

11月12日、近畿支部総会が梅田のホテルグランヴィアで開催され、糸林教頭と中澤総務課長と共に参加してまいりました。例年は、11月3日に開催されていたらしく40名ほどの参加者があったようですが、今年度は少なく26名でした。

この夏帰徳された31回と35回卒業の有志の方が、近畿支部総会のためにビデオレターを作成し、御披露目されました。徳島駅から城東高校まで歩き、その変わりゆく風景を撮りその感想や思い出を語られたものです。駅から線路沿いに徳島公園へ行き、お堀に沿って歩き現在の穴吹カレッジ前から城東高校へ向かったものでした。変わらないのは徳島公園とお堀・・そして制服こそは変わっているけど、仲良く歩いて帰る学生さんの姿でした。

総会には第5回卒業の方から35回卒業生の方まで幅広い年齢層の方々がご参加されておられました。「駅前はこんなに変わったの」「ここは、え~と、教育会館があったわよね。」

私のテーブルにおられた8回卒業生の方は、本当に懐かしそうにビデオを見入っておられました。昔にタイムスリップしたようでいろいろなことをお話しくださいました。大成功!年上の方には本当にうれしく、楽しい企画だったと思います。

近畿支部総会に参加して傾聴の大切さ、そして徳島に残っているものとして母校の活躍理念などを伝える、守る、そして創造していく必要性も感じたものです。

「来年は京都で開催しませんか」との提案がありました。

大勢の方、そして継承していく若い世代の方にご参加してほしいですね。